• トップ

フッ素ケアで口腔異常対策

小児歯科で虫歯予防のフッ素塗布

歯科で塗布する高濃度のフッ素

小児歯科では、子供の歯を虫歯から守るための指導や処置をしています。子供の歯は、大変虫歯になりやすい状況にあります。それには、いろいろな理由が関係しています。乳歯や生えたての永久歯の表面は軟らかく、虫歯の原因細菌が生成する酸に対して弱いのが特徴です。加えて生えたばかりの歯の表面には深い溝があり、汚れが溜まりやすくなっています。小児歯科の虫歯予防指導では、丁寧な歯磨きとともにフッ素の塗布が柱のひとつになっています。フッ素には、歯の表面のエナメル質の構造を作り換えて酸に対する抵抗性を高める作用があり、虫歯予防に効果が認められています。そして、この作用は生えたばかりの歯において感受性が強いことがわかっています。そのため予防指導を重視する小児歯科では、定期的な間隔で乳歯期から永久歯への生え変わりまでの小児期の塗布を勧めています。最近では、市販されている歯磨きペーストの中にも虫歯予防の目的でフッ素が配合されているものが増えています。濃度という点で比較してみると、歯科で塗布するものは市販の歯磨き剤に配合されているものに比べると高濃度です。歯科では、その方に合わせた間隔での定期的な高濃度のフッ素塗布とともにフッ素配合の歯磨き剤を使った家庭でのセルフケアを勧めています。

↑PAGE TOP