• トップ /
  • 歯科のフッ素塗布の頻度

歯科のフッ素の頻度とは

歯科のフッ素塗布の頻度

予防に力を入れる歯科医院

子供の頃に虫歯治療で歯科医院を訪れてから、大人になっても苦手意識を持ってしまうという人は少なくありません。おまけに、虫歯は進行性の病気なので、一度なってしまうと自然に治ることはなく、治療を受ける必要があります。削った歯は元にはもどらないので、予防が大切になります。そこで、歯科医院ではフッ素塗布などの予防に力を入れるようになりました。大切な歯を守るため、歯を強くするフッ素を塗り、虫歯になりにくい状態にします。市販されている歯磨き粉などにもフッ素は配合されていますが、濃度が低く、歯科医院で扱うものとは大きな違いがあります。フッ素を塗ることで、歯の表面を強くする働きがありますが、1度塗れば虫歯にならないというわけではありません。継続的に塗る必要があり、虫歯になりやすい子どもの頻度は1年に3~4回が目安になり、大人であれば半年に1度の頻度が目安になります。この頻度は平均的なもので、極端に虫歯になりやすい患者さんであれば、大人であってもより多くの回数を塗ることになります。定期的に歯科医院を受診することで、お口のトラブルも早期に発見ができ、早く治療に貼ることができるので、結果的に歯の寿命を延ばすことができます。

↑PAGE TOP