• トップ /
  • 歯科でのフッ素塗布で虫歯予防

歯科でフッ素の塗布

歯科でのフッ素塗布で虫歯予防

歯科のフッ素塗布で歯質強化

予防を重視する歯科では、虫歯の発生するメカニズムに沿った指導をしています。虫歯は、口の中の常在菌による一種の感染症です。口の中には種類も数も膨大な細菌がいます。その中の特定の細菌は、口の中に入ってきた糖を使って増殖して酸を生成します。この酸により、歯の表面が溶けてしまうのが虫歯です。子供の歯、乳歯や生えたばかりの永久歯は表面がとても柔らかく未熟な状態です。そのため虫歯の原因菌の出す酸に弱く、虫歯ができやすくまた進行しやすい状態にあります。予防を重視する歯科では、この時期の患者さんに定期的なフッ素の塗布を勧めています。フッ素には、歯の表面のエナメル質の構造を虫歯の原因細菌が作る酸に抵抗性の高い構造に作り換え虫歯になりにくくする作用があります。この作用は、特に生えてから時間が経っていない歯に特によく作用することがわかっています。そこで、乳歯期から永久歯への生え変わり途中の混合歯列期、永久歯への生え変わり完了まで定期的に塗布を受けることで虫歯になりにくい歯質に変えることが可能です。最近では、家庭で使う市販の歯磨き剤にもフッ素が配合されています。濃度という点では、歯科で塗布するフッ素の方が高濃度で歯質強化作用が強いといえます。しかしフッ素は繰り返し塗布することでより虫歯予防効果が高まりますので、定期的な歯科での塗布と家庭での歯磨きペースト使用の2本立てでの使用がお勧めです。

↑PAGE TOP